植物を育てるときに欠かせない知識

自分で育てる

自分で育てる

始める前に知っておこう

菊

ガーデニングに必要な道具

キクを育てるためには、まずは必要な道具を揃えておきましょう。育てる花の種類によって、使う土の性質や肥料のタイプが異なります。あると便利な道具なども知っておくと、スムーズに作業を進めることができるため、不慣れな人は調べておきましょう。

READ MORE
苗

通販サイトを利用する

苗を購入するなら、インターネット上で販売している通販サイトを利用して見て下さい。ガーデニングに必要な道具を一から揃えようとすると、重くなってしまい持ち帰るのが大変になってしまいます。通販サイトなら負担を減らすことができるため便利です。

READ MORE

花を育てる

何か花を育てたい、丹精込めて育ててみたいという人はキクを育ててみて下さい。この花は、丁寧に愛情を込めて育てれば育てるほど綺麗な花を咲かせると言われています。咲いた花は種類によって鮮やかな色をしているため、庭の雰囲気が明るくなります。

花を育てる三つのメリット

心理的作用

花を育てることで、感性が豊かになると言われています。例えば、キクのように鮮やかな色の花を育てることで色の与える効果を得ることができるのです。色の与える効果は、色によって異なるため、どんな効果を得たいかで花の種類を選んでみてもいいでしょう。

認知症予防効果

花の育て方は種類によって異なるため、季節や天気に合わせて水やりの頻度や肥料の与え方、植木鉢の位置などを変えなければいけません。そのため、毎日のように頭を使って考えることができます。育て方を考えることは、認知症予防効果があると言われています。

運動不足の解消

花を育てるには、体力が必要と言われています。重たい肥料を運んだり、植木鉢を移動させたりするため自然と足腰が鍛えられていきます。そのため、毎日運動をするのは難しいという人でも気軽に運動不足を解消することができます。

キクを育てる

キク

キクとは

キクとは、日本や中国などが原産国とされている多年草の一種です。この花には、様々な種類があり花や葉っぱ部分から香りが出ているのが特徴です。見た目は、真っ直ぐな幹の上に花を咲かせ花びらの数が多いため、見た目も可愛らしいと言われています。

植木鉢の置き場所

キクを育てるときは、植木鉢を置く場所にも注意が必要です。キクが綺麗に成長するためには、日当たりや風通しの良い場所と言われています。1日9時間から15時間ほど日光に当たる必要があるため、なるべく長時間日射しが当たる場所を選びましょう。また、水腐れしないように水はけの良い場所を選ぶことも大切です。

水やりの方法

育て方のポイントで大切な部分は、水やりの方法です。基本的に土の表面が乾いたら、直接花に水がかからないように土の部分から水を与えましょう。庭でキクを育てる場合は、土の中が乾燥しているかどうかで水やりの頻度を調整して下さい。植木鉢で育てる場合は、植木鉢の下から水が流れ出るまで水を与えて下さい。

植えつけ方法

植えつけをするなら、まずは土を揃えておきましょう。なるべく、水はけの良い土と保肥性の高い土を使うようにしましょう。キクに発生する害虫防止用の殺虫剤なども一緒に揃えておくと便利です。花壇に植える場合は、苗の二倍ほど大きく掘った穴の中に入れましょう。苗の根っこが固まっている場合は、ある程度ほぐしてから植えて下さい。

新着情報

広告募集中